乾燥しやすい部位






トップページ » 乾燥しやすい部位

乾燥肌しやすい部位を把握しよう

毛穴が少なくて皮脂の分泌が少ない部位が乾燥しやすい部位

乾燥肌の人は全体的に肌が乾燥しがちですが、乾燥肌とオイリー肌を併せ持った混合肌と呼ばれる方は、乾燥する部位とそうでない部位に分かれます。



Tゾーンと言われる、おでこや鼻にかけてはどちらかと言うと乾燥はせず、混合肌の方はこの部位だけ皮脂が出るという方が多くいます。



この皮脂の分泌が少ないと乾燥しやすくなるので毛穴が少なく皮脂の分泌が他に比べて少ない部位が乾燥しやすい部位と言えます。



一般的には頬の辺りや目の周り、唇や顎の周りといった所が顔の中では毛穴の数が少なく特に乾燥しやすい部位です。
体で言えば、肘や足の脛なども乾燥しやすい部位です。



唇などは乾燥を特に感じやすい部位かと思いますが、冬になるとひび割れてしまうためリップクリームが手放せないという方も多いかと思います。



乾燥しているからといって舐めたりしてしまうと余計に乾燥するのでリップクリームを使って保湿することが重要です。



目元などは皮膚が他の部分に比べて薄いため乾燥しやすく敏感になりやすい部位です。
強く擦ったりしてしまうと皮脂が取れてしまいシワの原因にもなるので注意が必要です。



顎や頬なども乾燥しやすく、乾燥してくると毛穴が目立ってきたりシワが目立ってくるということがあります。 入浴後や洗顔後のしっかりとした保湿が大切です。



また、首やデコルテなども年齢が出やすく意外と乾燥しやすい部位でもあります。 紫外線などといった外部からの刺激にも弱いため顔と同じくらいのしっかりとしたお肌のケアが重要な部位でもあります。

乾燥肌対策におすすめ

サプリメント併用が効果的

乾燥肌には、化粧水やクリームなど外側からばかりではなく、内側からの対策を併用するのが効果的です。薬剤師が開発した天然素材にこだわった飲む低分子ヒアルロン酸サプリメント「ヒアルロン美潤」がおすすめです。
⇒「ヒアルロン美潤」がお試し500円