乾燥肌の仕組み






トップページ » 乾燥肌の仕組み

なぜ乾燥肌になるのか?

乾燥肌の仕組みを知って対策してみましょう

乾燥肌の仕組みと対策
毎日、しっかりとスキンケアをしているはずなのに、どうして肌が乾燥してしまうのかとても不思議ですよね。

肌が乾燥してしまうと、メイクノリなども悪くなりますから、「早く改善したい」と考えている方もいるでしょう。

では、そもそも乾燥肌はどういった肌の仕組みにより起きているのか、ご紹介しましょう。



乾燥肌とは、どういった状態のことを言うかというと、肌に潤いがなくなってしまっている状態です。 「でも、毎日、化粧水などでケアをしているのに、どうして?」と思われる方も多いでしょう。



肌は、目に見える部分だけではなく、3層により作られています。

皮脂組織や真皮、表皮により成り立っており、この3層にしっかりと化粧水などが行き渡らなければ、どんなにケアをしていても、潤いは失われた状態となってしまいます。


表皮部分は、10パーセントから20パーセントの水分が含まれており、この水分量が不足してしまうことで、肌がカサカサの状態となってしまいます。



ということは、化粧水などを付ける際には、見えている肌だけではなく、奥まで届けるようなイメージでケアをしていくことが必要ということ。 乾燥肌対策

肌は、外気や洗顔、入浴などにより、皮脂が失われてしまい、潤いも失われてしまうことになりますから、毎日しっかりとしたケアが必要となります。


このように、乾燥肌は肌に潤いが亡くなったことで、カサカサの状態を引き起こしてしまうことになります。

改善するためには、潤いを与えるケアが必要となります。

乾燥肌対策におすすめ

サプリメント併用が効果的

乾燥肌には、化粧水やクリームなど外側からばかりではなく、内側からの対策を併用するのが効果的です。薬剤師が開発した天然素材にこだわった飲む低分子ヒアルロン酸サプリメント「ヒアルロン美潤」がおすすめです。
⇒「ヒアルロン美潤」がお試し500円