乾燥肌 かゆみ






トップページ » 乾燥によるかゆみ

乾燥肌とかゆみについて

乾燥肌はかゆみにも注意が必要です

乾燥肌というのは肌が乾燥するだけでなく時として痒みを伴う場合があります。

特に冬場は体も乾燥しやすく、お風呂あがりに腕や脛などの体の部分が乾燥して粉を吹いたようになったり 痒くなったりする事が多くなります。

普段は平気な方でも冬場は特に乾燥しやすい時期なので注意してケアをしてあげなければいけません。
お風呂あがりに特に体が痒くなるのは体が暖かくなっている事に原因があります。
お風呂あがりに体が痒くて気になる方は、入浴剤などに体を温めるような
ぽかぽかとする成分が入っている物を使うのを控えたほうが良いでしょう。

また保湿力のある入浴剤なども多くありますので、
こうしたものを使ってお風呂に入りながら肌を保湿してあげるのもお勧めです。

普段入浴剤を使っている方はそうしたところにも注意をして入浴剤を選ぶと、
お風呂あがりの肌触りが違ってきますし乾燥肌を防ぐ事も出来ますので、
入浴剤も乾燥肌を防ぐのに役に立つアイテムです。

また、お風呂あがりには肌の水分が逃げてしまわないようにボディクリームなどを使って保湿をするようにしましょう。
特に乾燥が気になる部分を重点的にケアしてあげるのがよいでしょう。

ボディクリームの他にもスクワランオイルなどもお勧めです。
そうすることで痒みも防ぐことが出来ますし肌を保湿することも出来ます。

あまりに乾燥で痒みが酷い場合は薬用の痒み止めを使うのもよいでしょう。
乾燥による痒みに効くものも市販されているので、そうしたものを試してみるのもお勧めです。

かゆみがある乾燥肌は、どういったケアをしていけば良いのだろう?

肌が乾燥してくると、カサカサとした状態となってしまいますよね。
ひどくなってくると、かゆみが出てきている方もいると思います。
では、どうして乾燥肌になってしまうと、かゆみが出てしまうのか、ご紹介しましょう。

乾燥肌の方は、肌に潤いがなくなってしまい、角質層などの状態が不均等になっている状態です。
そのため、非常にはがれやすい状態となっています。

角質層の下には、知覚神経があるため、剥がれてしまうことで刺激が受けやすくなり、
かゆみなどを感じやすくなります。
「かゆみがある乾燥肌の場合には、どういったケアをしていけば良いのだろう?」と
思っている方も多いと思いますが、かゆみがある場合には、何よりもかかないことが大切です。

「かゆくて、我慢出来ない」という方もいると思いますが、
かいてしまい更に角質層に傷をつけてしまうと、より刺激を受けやすくなり、
かゆみが強くなってしまいます。

そうなれば、どんどん悪化していくことになりますから、かくことは我慢しましょう。
かゆみがある場合には、何よりも保湿対策を行うことが大切です。
保湿力の高い化粧水や乳液などを使って、ケアを行っていきましょう。
アルコールなどが含まれているタイプは、肌の乾燥を引き起こしやすくなりますから、
避けるようにしましょう。

また、洗顔後や入浴後の肌は乾燥しやすいですから、すぐに保湿ケアを取り入れる様にしましょう。
こういったケアを毎日続けていくことで、肌に潤いを与えることが出来れば、
自然とかゆみも納まってきますよ。

乾燥肌対策におすすめ

サプリメント併用が効果的

乾燥肌には、化粧水やクリームなど外側からばかりではなく、内側からの対策を併用するのが効果的です。薬剤師が開発した天然素材にこだわった飲む低分子ヒアルロン酸サプリメント「ヒアルロン美潤」がおすすめです。
⇒「ヒアルロン美潤」がお試し500円