乾燥肌 ニキビ






トップページ » 乾燥肌とニキビ

乾燥肌とニキビの関係

乾燥肌でもニキビは出るのでしょうか?

ニキビと聞くと皮脂の多いオイリー肌の人によく出来るものだと思いがちですが、
乾燥肌を持っている人や敏感肌の人も実は同じくらいニキビが出来てしまう可能性があります。

肌が乾燥している状態というのは皮脂が少なく肌のキメが荒くなってしまって、
水分がしっかりと行き渡っている肌と比べると皮膚が綺麗に整っていません。

そこで、このような肌は外からウィルスやバイ菌等が入りやすくとても敏感になってしまっている事が多くあります。
そのため、小さな刺激などからでも肌が荒れてしまったり、
ウィルスが入ってしまい炎症を起こしてしまったりする可能性があります。

オイリー肌の場合は毛穴に皮脂が詰まってしまってそれがきっかけとなってニキビが出来る事が多いですが、
乾燥肌の場合はこのように外からの刺激によってニキビが出来てしまいます。

ただし乾燥肌の方でも毛穴が詰まってしまってニキビが出来る場合があります。
これは、乾燥している肌の毛穴が狭くなってしまっているために起こることで、
角質が乱れてしまっている事が原因です。

こうして狭くなった毛穴には汚れが溜まりやすく、毛穴が詰まると菌が発生しやすくなってしまいます。
そして毛穴に詰まった汚れを元にニキビが出来てしまいます。

乾燥肌でニキビを防ぐには、まず荒れてしまった皮膚を綺麗な状態に戻すことが大切です。
それには毎日の保湿ケアが大切で、乾燥している肌に水分を補って皮膚を潤った状態に保つことが重要です。

ただし、乾燥や肌荒れがひどい場合は病院で診てもらうということも大切です。

乾燥肌対策におすすめ

サプリメント併用が効果的

乾燥肌には、化粧水やクリームなど外側からばかりではなく、内側からの対策を併用するのが効果的です。薬剤師が開発した天然素材にこだわった飲む低分子ヒアルロン酸サプリメント「ヒアルロン美潤」がおすすめです。
⇒「ヒアルロン美潤」がお試し500円