乾燥肌 スキンケア






トップページ » 間違ったスキンケア

乾燥肌の間違ったスキンケア

肌荒れや乾燥を繰り返しているという方、間違ったスキンケアしてませんか?

肌を綺麗に保とうとしっかりと自分ではスキンケアをしているつもりでも、
肌荒れや乾燥を繰り返しているという方がよくいますが
実は一生懸命にやっているスキンケアの仕方に問題がある場合が多くあります。


例えば乾燥肌でもTゾーンだけは乾燥しておらず脂性肌に近いような人の場合、
頬などが乾燥しているからといって過剰に保湿をしてしまうと
Tゾーンの皮脂の分泌が増えてしまったり毛穴が詰まってしまったりして
肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうことがあります。


また、乾燥肌の方の場合は肌が通常よりも敏感になる敏感肌になっている可能性もあります。

こうした肌に刺激の強い化粧品などを使い続けていると、
いくらスキンケアをしているつもりでも逆に肌荒れを引き起こす原因を作り出してしまっている場合がよくあります。


高い化粧品だからといって必ずしもいいとは限りませんし、
乾燥肌の方の場合しっかりと肌に水分が浸透することが大切です。

保湿の面だけで言えば高い化粧品をケチって少しずつ使うよりも安い化粧水でも、
たっぷりとたくさん使ってあげることでしっかりと保湿を出来る事もあります。


ただし気をつけなければいけないのが、その化粧水などの化粧品が自分の肌にあっているかということです。

敏感肌の場合は化粧品も無添加のものを選ぶなどして肌への刺激が少ないものを選ぶのがよいでしょう。
何度も肌荒れを繰り返している場合は、しっかりと化粧品を選ぶことやメイク道具を常に清潔にしておくことが大切です。


また、どうしても改善されない場合は皮膚科へ相談に行くというのもひとつの手です。
あまりにひどい場合には化粧品を変えても治らない場合もあるので、
そういった際には皮膚科できちんとしたものを処方してもらうことで肌荒れを改善することも出来ます。

部位別のスキンケア方法

乾燥肌と一口に言っても、乾燥している部位によって乾燥の程度やケアの仕方は様々です。

例えば、混合肌の方は、Tゾーンは比較的皮脂が足りていてどちらかと言うと
オイリー肌のような皮脂の多い状態になっていることが多くあります。


そこで、頬などの部分が乾燥しているからといって過剰に保湿をすると、
Tゾーンがかえって肌荒れを起こしてしまうという可能性もあります。

そこで、顔に関して言えばしっかりと化粧水で保湿をした後に、
乳液や保湿クリームの付け方に注意をする必要があります。
乳液や保湿クリームの役割は、保湿はもちろん、油膜によって化粧水で補った水分を外に逃さないという役割もあります。


乾燥肌の方は特に乾燥しやすい頬や顎などのフェイスラインを重点的に保湿してあげるのがよいでしょう。

また、混合肌の方は、Tゾーンはあまり過剰に保湿クリームなどを使わず、
乾燥している頬などの部位をしっかりと保湿してあげるのが大切です。


また、年齢の出やすい首もとやデコルテも顔と同じ位のしっかりとしたケアをしてあげると
シワ等ができにくくふっくらとした肌を保つことが出来ます。

また、入浴後に足や腕など体が乾燥する場合はボディクリームやオイルなどを使って、
マッサージするように保湿をしてあげるとカサカサと皮膚が粉を吹いたような状態を和らげてあげることが出来ます。

乾燥という点から言うと、髪などもカラーやパーマを繰り返している人は特に毛先が乾燥しがちになります。

トリートメントを定期的にきちんとしてあげることも大切ですが、
入浴後に毛先などを重点的に保湿してあげることで毛先が痛むのを防ぐことができます。

乾燥肌対策におすすめ

サプリメント併用が効果的

乾燥肌には、化粧水やクリームなど外側からばかりではなく、内側からの対策を併用するのが効果的です。薬剤師が開発した天然素材にこだわった飲む低分子ヒアルロン酸サプリメント「ヒアルロン美潤」がおすすめです。
⇒「ヒアルロン美潤」がお試し500円